SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

いちご白書ツー

こんにちは

<< 二年ぶりオリザニン | main | 冬物語 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
旅行者
1467792796273.jpg
(前置きがくそ長いですが舞台のご案内です)
京都に来てます。
昨日は稽古後四条でみんなと初めて飲み、調子ぶっこきまくって途中から記憶あまり無く、最後共演の美少女二人とバイバイして一人になった所から記憶いよいよ無く、気付いたら電車の床で寝ており、知らんお兄ちゃんが『お姉ちゃん寝とる場合ちゃうでー!』と足で小突いて起こしてくださり、事態の飲み込めぬ私は東京の友達の誰かかと勘違いして『どしたんどしたん』とヘラヘラ起き、するとそこは大阪は茨木市駅であり、終電既に無く、33舛鬟織シー飛ばして帰ってきました。
お父ちゃんの旧友・中塚さん一家のおうちに居候させて頂いている身であり、且つ新妻の身でありますので、京都に居る間は酒を控えようと決心した夜であり、また『知らない土地でベロベロになると本当に帰れない』と学んだ夜でもありました。今朝中塚さんの奥さまに昨夜の顛末を話したら爆笑で聞いてくださり、大変に救われた次第です。
前述の決心を遂行する為にも、レンタルチャリを借りました。この先1ヶ月の相棒・おいしんぼ号。明日から灼熱の京都で往復25措紂∈性のチャリ通をかまそうと思っとります。

下鴨車窓#14
第14回OMS戯曲賞佳作受賞作品
『旅行者』
脚本・演出 田辺剛

とにかく彼女たちは疲れていた

知らない時代の遠い世界の話。大きな戦争があってその混乱がやっとおさまりそうな頃のこと。
どこまでも広がる荒野の中を走る一本の線路。それを伝って歩く三人の女性がいる。彼女らは街を追放されて故郷を目指す、異邦人の姉妹だ。海を渡るためには亡き父が生前言ったように叔父(会ったことはない)の援助を受けなければならない。その叔父は荒野のただ中にある寂れた村に住むという。
とにかく彼女たちは疲れていた。戦争の混乱を生き抜いてやっと落ち着いたと思ったら父を亡くし旅に出なければならなくなる。遠くにやっと村が見えてきた。三人は黙々とひたすらに歩いている。

【出演】
今井美佐穂(第0楽章)
大沢めぐみ
笠井幽夏子(俳優座)
たかはしまな

松原佑次(遊劇舞台二月病)
三遊亭はらしょう
大熊ねこ(遊劇体)
F.ジャパン(劇団衛星)

☆伊丹公演
【日時】
2016年8/6(土)14:00〜、19:00〜
8/7(日)14:00〜
受付開始、整理券発行は開演の40分前、開場は開演の30分前。
【会場】
AI・HALL
〒6640846
兵庫県伊丹市伊丹2-4-1
※JR伊丹駅前、阪急伊丹駅より東へ徒歩7分

☆高円寺公演
【日時】
2016年8/20(土)14:00〜、19:00〜
8/21(日)14:00〜
【会場】
座・高円寺1
〒1660002
東京都杉並区高円寺北2-1-2
※高円寺駅北口徒歩5分

【料金】
一般2,500円
ペアチケット(二枚一組)4,300円

直接私にご連絡下さい。

面白いです。すごく面白いです。
複雑で繊細な要求に応えなければという場面が今後たくさんありそうな気がするのですが、その複雑さ繊細さが実に田辺さんらしく、また京都の人らしく、そしてそれは私の中にもすげえあるやつ。だからなんだかとても共鳴できる気がしてます。ぜひいらしてください。
| - | 17:13 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 17:13 | - | - |